ブックタイトル群峰工業new3.30

ページ
45/316

このページは 群峰工業new3.30 の電子ブックに掲載されている45ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

群峰工業new3.30

●取り替え施工は、500mm ブロックタイプ・口金タイプ・3 ブロックタイプの交換はおすすめしておりません。(ブロック工事が伴います。)●壁の仕上げ状態、または目地の状態によっても、施工難易度が異なります。工事前にご確認下さい。(塗壁仕上げなどの場合、塗装部が割れたり、欠けたりするおそれがあります。)●カメラドアホンを取り付ける場合は、子機の映像範囲問題がないか、あらかじめご確認下さい。(カメラドアホンに付属の施工説明書を参照して下さい。)●ポストの固定、および目地に市販のシリコン製コーキング剤を使用します。仕上がりイメージ状態も含め、事前にお客様と打ち合わせして下さい。●右のコードで、施工方法の動画を視聴することができます。リフォームにもおすすめ壁に埋め込まれたポストでも、手軽に取り替えリフォームが可能。「汚れが目立つ」「破損している」「表札を取り替えたい」…このような時は、壁はそのままでポストの取り替えをおすすめします。●リフォームの場合リフォーム例リフォームの施工手順が動画でご覧いただけます。Before 取り出し側 After 取り出し側チャイム押し釦・照明付1Bサイズユニサス ブロックタイプ 1Bサイズ+化粧枠+カメラ化粧カバー+カメラ付ドアホン子器リフォームの注意点リフォーム施工動画LED 表札照明の配線・ドアホン取り付け仕上げ前のセッティング乾燥・養生・確認LED表札照明付きの場合は、施工説明書P.4の手順2「LED表札照明配線」を参照して下さい。ドアホンを後付けする場合は、施工説明書P.5の手順3「ドアホン配線・取り付け」を参照して下さい。コーキング剤が乾燥するまで、養生テープで固定しておいて下さい。コーキング剤が十分乾燥してから副え木を外して、施工後の確認をして下さい。前後左右の水平出しを行い、当木やバックアップ材などでセッティングして下さい。また、水抜き穴や明るさセンサなど、正しい位置にあるかどうか確認して下さい。34仕上げ水平出しが完了したら、シリコン系のコーキング剤で仕上げて、ポストを固定します。タイプにより、モルタル付着シートが露出する場合は、化粧パネル(別売)を取り付けて下さい。(モルタル付着シートは、雨等で黒く変色しますのでご注意下さい。)●ポストの前面部分は塀の壁面より30 ~ 40mm出代を確保して下さい。●水抜穴が本体底にあります。水抜穴をふさいでしまわないよう注意して下さい。●水平出しをして下さい。リフォームの注意点5化粧枠の取り付けポストの上側・左右側面に化粧枠用のコーキング剤を塗り、化粧枠(別売)を取り付けます。下面にはコーキングを塗布しない注意事項 ●水が抜けず、凍結などで機能が損なわれるおそれがあります。! !必ず守る67ポストの取り付け①ポスト本体に施工枠(別売)を仮固定テープで取り付けて下さい。※施工枠がない場合は、傷が付かないように養生テープ(マスキングテープ)を巻いて下さい。②施工枠を取り付けたポストを開口部裏側から挿入して下さい。その際、LED 照明用コード、ドアホン用コードを底面のコード穴からポスト内に引き込んでおきます(内板の裏側に引き込まれます)。③施工枠の仮固定テープを外します。④施工枠を壁内にずらして押し込んで下さい。⑤前面を壁面より30 ~ 40mm 出るように調整して下さい。※施工枠はそのまま壁に埋め込んで下さい。1 既設ポストの取り外し①ドアホン・チャイム・照明などが付いている場合、配線を取り外します。※ 主電源(ブレーカーや室内親機)を落としてから行って下さい。※ 取り外した配線は、傷が付かないよう絶縁テープなどで保護して下さい。② 裏ふたや前面板など、取り外せるものは、あらかじめ取り外しておいて下さい。③ハンマーと当木を使用し、前側から裏側へ左右均等に少しずつ叩いて、ポストを取り出します。※ ポストを取り外す際、配線を傷つけないように注意して下さい。傷が付いた場合は、いったん切断し、後から付け足して下さい(電気工事士の資格が必要です)。※ ポストを潰しすぎると取り出しにくくなります。モルタルとはく離する程度に天面・側面を軽く叩いて下さい。④開口部の寸法を確認します。※ 1Bの場合:390mm×190mm2Bの場合:390mm×390mm必要です。※ 左右と上部の目地モルタルはそのままにして、底の部分だけモルタルをハツると、ポストのセッティングやコーキング仕上げがやりやすくなります。※ 開口部に残ったシーリング剤なども綺麗に取り除いて下さい。中心部はモルタルが垂れ、厚くなっていることがあります。この場合、底面のモルタルをハツって下さい。2ポスト前面部に面合わせし、仮固定します。実働3日納期込み送料ポスト表札アウトドアライトウォーターアイテムレジンウッドオーニングガーデンファニチャーガーデンアイテムOthersgather 2017 033